73ch//3(ユータ・かなん・イオ)+1(なみち)=ユかイな仲間たち!
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/02/20 (Sun) ボランティア

今日は初めてのボランティア活動をしてきました。
この団体の廃校シェルターの活動とセンターからの救出活動に賛同したからです。

お手伝いの内容はフリマと里親会のお手伝いと保護犬の運搬でした。
3時間程数頭の犬の世話をした後、その内1頭を車で預かり宅に搬送するというものです。
担当はイエローラブのボビンくん。里親会の間は吼える事もなくとてもいい子でしたが、車の中では緊張して1時間以上もずっとケージの中で立ちっぱなし。ぶるぶる震えてヨダレもだらだら。側についてなでてあげてても落ち着かずパニック状態で本当にかわいそうでした。ただ車に慣れていないだけなのかそれとも車にトラウマでもあったのか・・・。

やっとの事でたどり着いた預かり宅にはミニチュアダックスの先住犬がいました。
その子との相性も悪くなく年配のご夫婦もまじめでやさしそうな方で安心しました。さて、一通りの説明を終え私達が帰ろうと玄関に向かったその時、なんとボビンくんも一緒に帰ろうと必死に後を追ってくるではないですか。
予想外の出来事にとっても胸が痛くなりました。今日ほんの数時間一緒にいただけなのに・・・。
きっと同じように預かり宅でもすぐに懐いて無事にやっていける事でしょう。
ちゃんとしつけをしてもらって早く本当のお家が見つかるようにがんばるんだよ。ボビン!

最後に私が玄関のドアを閉める時のボビンくんの目が忘れられません。
飼い主が変わるというのは犬には本当につらい事なのだと思いました。
非情な行いを悔い改めない無責任な飼い主やブリーダーは不幸になりますように。

ユかイ | comment(0) |


<<夢の猫屋敷 | TOP | ごはん祭り>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

■information

ライフボート友の会~手を伸ばせば救えるいのちがある~

■最近のコメント

■ブログ内検索

■アーカイブ

■プロフィール

twitter27_8080.jpgUp00153.gifなみち

■リンク1

■リンク2

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。